オカルトマニア

    RSS




    助手の死体

    wood-cottage-wood-house-cabine.jpg

    ある雪山に助手と雑誌の仕事で撮影に行った。

    撮影が始まってまもなく助手がケガをした。

    撮影がまだ終了せず、私は撮影を続行しなければならなかった。

    雪山での過酷な撮影はつづいた。

    そのあいだに助手のケガは悪化し、2日後に死亡した。

    私は遺体を山小屋のそばに埋め、一人で撮影を続けた。

    埋葬した翌朝に変なことが起きた。

    朝、目を覚ますとなぜか助手の死体が横にある。

    「埋めたはずなのに……」

    私はふたたび助手の死体を埋めて撮影へでかけた。





    しかし、次の日にはまた自分の隣に埋めたはずの死体があった。

    不思議に思いながらも、また山小屋のそばに埋めることにした。

    いよいよ明日は下山という夜、おかしいことが続くので自分の寝姿が写る位置で連続写真が撮れるカメラを設置して寝た。

    次の朝、やはり助手の死体は自分の横にあった。

    下山して事務所に戻ると、昨夜山小屋に設置したカメラのフィルムをさっそく現像してみた。

    そこに写っていたのは、起き上がり、寝袋から出て、山小屋から出て、助手の死体を担ぎ、自分の横に置く、私の姿だった。









    ブロトピ:オカルト・心霊・陰謀論・超常現象・都市伝説等 不思議全般
    ブロトピ:ブログ更新したよ!を報告しよう



    関連記事
    スポンサーサイト

    PR

    人気記事ランキング

    検索フォーム

    最新記事
    カテゴリ
    タグ
    アクセスランキング

    RSSリンクの表示